手順が決め手!アイロンがけのコツ

出典:写真AC

アイロンがけが苦手で、ついついためてしまう方も多いのではないでしょうか。
アイロンがけは手順が勝負です。アイロンがけの準備段階とアイロンがけ自体の両方から見直しをしてみましょう。

今回は家事代行事業を手がけるアクションパワーの大津たまみ先生に教わって、アイロンのかけ方と手順をマスターしていきます!

 

①表示を確認し、アイロンの設定を決めましょう

洋服の衣類表示をちゃんと確認して、記載内容と素材によってアイロンの設定を決めます。
絹・レーヨンは水分がシミの原因になりますので、あて布をしてかけましょう。霧ふきの使用は水分を含むと形が整いやすい綿や麻などにおすすめです。スチームは毛足の長い繊維などをふんわり仕上げるウールなどにおすすめです。

 

②アイロンがけの基本動作を知りましょう


【すべらす】

身ごろなど広い面積にアイロンをかける場合アイロンを軽くすべらせます。ワイシャツの身ごろなどにおすすめ。

 

【押さえる】

襟やカフス・スラックスの折り目などきっちり折り目をつけたい場合は軽く押さえるようにかけます。

 

【ふかす】

セーターなど毛足の長い繊維などふんわり仕上げる場合はアイロンを1cmほど浮かして。

 

③アイロンをかけてみましょう!

ワイシャツを例にアイロンがけをやってみましょう。霧ふきをかけ、手で整えてアイロンをかけます。

1.袖

わきの縫い目を確認、揃えて手で伸ばしてかける

2.ヨーク(肩部分)

アイロン台を使い手で襟(えり)を引っ張ってかける

3.右前身ごろ

わきの縫い目に沿ってかける

4.後ろ身ごろ

しわの原因になるので、アイロンは一方通行で往復しない

5.左前身ごろ

ボタン穴は第1ホールをつまみながらかける

6.襟(えり)

先端から中央へ向かってかける

アイロンがけをした後はハンガーに干して冷却します。
熱を冷ますことで繊維が固定してピシッとキープできます

 

基本を押さえて「アイロンがけ」を好きな家事に!

出典:写真AC

アイロンがけはコツをつかめば楽しくなります。基本を押さえて好きな家事の1つになると嬉しいです。

正しい準備と順序を覚えて、さっそく実践してみましょう!