秋の気配が感じられるようになると、新米の季節はもうすぐそこですね!
新米と聞くと、食欲がわいてくるから不思議です(笑)。

そして新米を手に入れたら、もっとおいしく炊いて味わいたいと、ちょっと欲張りになります。

ごはんをおいしく炊きあげるためには、やはり土鍋を使いたいという方も多いと思いますが、扱いが難しそうなイメージもありますよね。
そんな方におススメなのが炊飯土鍋「ごはんの鍋」です。

 

ふっくらおいしい土鍋ごはんが手軽に楽しめます♪

「ごはんの鍋」は使う人への気遣いがつまった「かもしか道具店」の人気アイテムで、初めてさんでも手軽においしく炊けるのが特長です。

土鍋でごはんを炊く時に不安なのが火加減ですよね。
でもこの「ごはんの鍋」はとてもシンプルなのです。
火にかけてフタの間からプクプクと泡が吹いてきたら弱火にし、泡が収まって湯気だけになったら火を止める。これだけです!
もう少し詳しい炊き方もありますが、少なくともこれを守れば土鍋ごはんが炊けるのです。簡単ですよね。

フタには穴が開いていない独自の構造で、フタ受けの部分に高さがあって吹きこぼれしにくくなっているので安心です。

炊き上がってフタを取ると、フタのキワまでみっちりと粒立ったツヤツヤのごはんが詰まっています。
ひと粒ずつから「おいしく炊けましたよー」という声が聞こえてきそうです。
ごはんはほぐれやすく、ふっくらと甘みがあり、毎日飽きずに食べられるおいしさです。

さらにうれしいのが、とても土鍋自体がコンパクトなこと。
1合炊きは直径わずか14cm。形もコロンとかわいく、収納するときにもあまり場所をとりません。
おひつ代わりにもなるので、ごはんが残った時はそのまま冷蔵庫へ入れられ、食べる時に電子レンジで鍋ごと温められます。

色は温かさを感じる白凛々しい黒で、サイズはいずれも1合2合3合です。

お家で手軽に土鍋ごはんが楽しめる「ごはんの鍋」、ぜひお試しください。