継続は力なり!リバウンドしない片付け法

出典:写真AC

片づけで大切なコツは“リバウンドせずに”スッキリしたきれいな状態を保つことです。
そこで今回は、お掃除と収納のプロである大津たまみ先生に教わって、お片づけのコツをお伝えしたいと思います!

 

①収める量をキープする

リバウンドしないための1番のコツ!それは、収納場所の収納する量と空きの量のバランスです。
これがいつも同じであれば絶対リバウンドしないですよね。

この空間を常にとっておくことが、リバウンドしない最大のポイントになります。
ちょっと物が増えてもしばらくの間は大丈夫なコツです。
もちろん、物が増えてきたら定期的に減らしてあげましょう。

 

②収納場所を決める

「どこに片付けていいか分からない。」「とりあえず置いてある物がたくさんある。」この状態を散らかっている状態といいます。
このような場合は物が帰るお家をしっかりと決めてあげましょう。たとえ、誰かにあげるものでも1週間以上先ならきちんと場所を作ってあげると良いですね。

そして、とても多いパターンが片付ける場所がないからといって紙袋などに一旦いれてしまうこと。中身が何かわからなくて探し物も多くなりどんどん片付かない物が溜まってしまいます。

使いやすさと片付けやすさをしっかりと考えて、物のお家をひとつひとつ丁寧に作ってあげることが大事です。

 

③見直しをする

リバウンドをしない収納!といっても、お家のなかには、常に物が入ったり、出たりします。時期を決めて、きちんと見直しをしてあげることが大切です。

大人の物なら年2回。7月と12月が衣替えが済んでひと段落した頃で、見直しに最適な時期です。
また、どんどん成長していく子どもの物は、常に入れ替わるもの。ぜひ、年3回。学年や学期の切り替わりの3月、7月、12月に一緒に見直しをしてあげましょう。

 

片づいた状態をキープしましょう

出典:写真AC

いかがでしたか?

いつも片付いている空間で暮らすのは、本当に気持ちが良いものです。
片づけした状態をキープできるよう、リバウンドしないコツをぜひ取り入れてみてください。