無水調理は、水を使わずに野菜を茹でたり蒸したり、肉じゃがやカレー等の煮物を作ったりでき、しかもビックリするほどおいしく仕上がる・・・
というのはご存知の方も多いですよね。

いつもの料理も格段においしくしてくれる。
そんな無水調理ができる鍋の中でも、世代を超えて愛され続けているのがアルミ製の「無水鍋」です。

 

おばあちゃんやお母さんの懐かしい味を無水鍋でもう一度。

1953年に広島で生まれた「無水鍋」。
日本で初めて作られたアルミ製の鋳物鍋で、数ある無水調理鍋の中でも元祖がこの無水鍋です。

最大の魅力はやはり無水調理。
その秘密は、無水鍋がアルミ製の鋳物鍋であることなんです。

お鍋とフタがピッタリと合い、その隙間に蒸気が溜まって水の膜ができます。
これがシールになって密閉状態を作ります。
鍋の中の圧力が高くなって沸騰が早まり高温をキープ、短時間で調理ができます。

おかげで栄養は逃げず、うまみは薄まるどころかさらに煮詰められてプロ級のおいしさに仕上がるのです!

鋳物鍋と言ってもアルミ製なのでホーロー製やステンレス製に比べてとても軽く、扱いやすいのも魅力。熱伝導率も高く熱が早く均一に回ります。

余熱を使って調理ができるので調理時間とガス代も節約になります。時短になるのは嬉しいですよね♪

「煮る」以外にも、「揚げる」「炊く」「ゆでる」「蒸す」「焼く」「炒める」「天火(オーブン代わり)」と、1台で8役の大活躍。
毎日のお料理を助けてくれること間違いなしです。

サイズは18cm20cm24cm
2人家族なら18cmや20cm、 4人以上なら24cmがおすすめです。

世代を越えて愛される「無水鍋」、ぜひ一度お試しください。