ダニを撃退!効果的な掃除&片付け法とは…?

出典:写真AC
ダニは湿度の高い梅雨時にしか繁殖しないと思いがちですが、実は、一年中繁殖し続けています。そのままにしておくとダニは大量に発生し、アレルギーの原因にもなります。

お掃除と収納のプロである大津たまみ先生に教わったダニをしっかり取り除くお掃除法や、ダニの繁殖を少しでも抑える片づけ法をお伝えします!ダニの特性を良く理解して、効果的なお掃除&片づけでダニから家族を守りましょう!

ダニが多い場所その1“布団”の掃除方法

布団掃除のポイント!

布団は湿度が低い時間帯に両面を天日干し!
人は、一晩に約コップ1杯、夏の就寝時にはさらにその約2倍以上汗をかいていると言われています。布団はきちんと乾燥させた後に、ダニやその死骸、エサなどを掃除機で取り除くことがポイントです。

布団の掃除方法

湿度が低い時間帯に、両面を天日干しし、ゆっくり掃除機をかける

  • 用意する道具はこちら
  • 黒い布
  • 掃除機
  1.  天気のいい日に、布団を2~3時間程干す。布団に黒い布をかけて、温度が高くなるようにする。
    上から黒い布をかけることで太陽の熱を吸収し、中を高温にさせます。それによってダニを死滅させることができますよ!
  2. 表面だけではなく裏面も干す。天日干しは湿度が低い時間帯(午前10時から午後3時位)に行いましょう。
  3. 布団を家にとりこんだら、掃除機を一方向に向かってゆっくりかける。縦が終わったら、横にもかける。裏側も同様にかける。
    掃除機は1平方メートルにつき20秒はかけましょう。ダニやフン、死骸、エサなどをしっかり吸い取れます。

【MEMO】
布団たたきなどで叩くと、ダニの死骸やフンを砕いて広げてしまうので、やめておきましょう。

布団の片づけ方法

布団は、しばらく置いて湿気を放出させてからしまう

布団をしまう時は、寝起きから1時間ぐらい置いて、なるべく湿気を放出させましょう。

干して取り込んだ布団をすぐにしまうと、暖かいままなので、ダニが繁殖しやすくなっています。しばらく放置して、冷ましてからしまいます。

布団は湿気がたまりやすいので、収納する際は、すのこを敷きましょう。隙間ができるので、通気性がアップします!

ダニが多い場所その2“ラグ”の掃除方法

ラグ掃除のポイント!

ラグは1平方メートルにつき20秒掃除機をかけ、ダニを撃退!
ラグやカーペットは粘着テープでお掃除する方が多いかもしれません。ダニの死骸やエサ(ふけ、髪の毛、食べ物のカス)を取り除くには、しっかり掃除機をかけるのがオススメ!

ラグの掃除方法

掃除機の効果をアップさせるために、効率的にかける

  • 用意する道具はこちら
  • 掃除機
  1. ラグやカーペットのある部屋を、1時間程暗くしておく。
    部屋を一旦暗くすることで、カーペットの毛の中にいたダニがエサを食べるために表面に出てきます。
  2. 窓を開けて部屋の換気を良くする。ダニを発生させないためには、湿気をためないのが基本!窓を開けて、できるだけ風を通しましょう。
  3. 掃除機をゆっくりと縦方面に、1平方メートルにつき20秒かける。
  4. 続いて横方面にかける。毛並みを起こすようにしながら掃除機をかけると、中のホコリが吸い出しやすくなります!

【MEMO】
ラグやカーペットの上で物を食べたりしていると食べカスがたまり、ダニが集まりやすくなります。特に意識して、掃除機をかけて下さいね。

ラグの片づけ方法

ラグやカーペットを片づけるときは、ゴミ袋を利用する

秋冬用のラグやカーペットなど、季節に応じて収納するものは、場所をとるケースに入れなくても大丈夫!

お掃除したらたたんで、防虫剤を上に置き、ゴミ袋に入れて、湿気の無いところに保管しておきましょう。

ダニが多い場所その3“ぬいぐるみ”の掃除方法

ぬいぐるみ掃除のポイント!

ぬいぐるみのダニは重曹を使って取り除く!
ぬいぐるみも洗わなければ、徐々に汚れていきダニが付着します。素材によっては洗濯できない物も、こまめにお手入れしていきましょう!

ぬいぐるみの掃除方法

洗濯できないぬいぐるみは、重曹を振りかけてお掃除する

  • 用意する道具はこちら
  • 重曹
  • 掃除機
  • ビニール袋
  1. ぬいぐるみを大きめの袋にいれて重曹をふりかける。ラベルをチェックして洗濯機で洗えるようなら、ネットにぬいぐるみを入れて、「弱」設定で洗いましょう。
  2. 袋の口をしばり、底からポンポンとぬいぐるみをふりあげ、全体に重曹がかかるようにする。
  3. 15~20分ほどおいてから、掃除機を弱めにして、ぬいぐるみについている重曹を吸い込む。ブラシで重曹をはらうこともできますが、掃除機を使えば、ぬいぐるみに付着しているダニを除去することができます!

【MEMO】
重曹の量は、普通サイズのぬいぐるみなら1/2カップぐらいが適量です。

ぬいぐるみの片づけ方法

飾りすぎはダニ発生の原因!お気に入りは厳選する

ぬいぐるみはダニが発生しやすいことを意識し、部屋にたくさん出し過ぎないで、厳選して飾るようにしましょう。

飾らないぬいぐるみは、不織布で包み、片づけておきましょう。定期的に出し入れして、こまめなお手入れを忘れずに!

ダニ対策にはこまめなお掃除&片づけが必須


いかがでしたか?
かゆみやアレルギーの原因となるダニは、正しい知識でしっかり退治することが大切です。

温度が20度~30度、湿度が60%以上になると、ダニはどんどん増えていきます。日本の家屋は湿度がたまりやすいので、日頃のお掃除&片づけでダニを防いでいきましょう!

お部屋は朝起きたときや外から帰ってきたときなど、こまめに換気をして家全体の風通しを良くしてくださいね。

家庭でできるダニ対策で、家族の健康を守りましょう。