キッチンの強力な油汚れは、セスキ炭酸ソーダで解決!

出典:写真AC

キッチンの油汚れが落ちづらい。
強力な洗剤を使っても落ちない事が多く、諦めてしまってる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなあなたに強力な味方、セスキ炭酸ソーダの使い方をご紹介します!

 

セスキ炭酸ソーダの特徴

みなさんはセスキ炭酸ソーダを知ってますか?
なんだか聞きなれない言葉ですが、エコお掃除では大活躍!

その正体は、重曹と炭酸ソーダを半々に混ぜて結晶化させたものです。

メリット

重曹よりも水溶性pH(ペーハー)のアルカリ度が高いため、重曹ではなかなか除去できないしつこい油汚れに効果を発揮します。
また、重曹に比べて水に溶けやすい性質を持っています。

デメリット

重曹は水に溶けにくく粒子が細かいので研磨作用がありますが、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいため研磨作用は期待できません。
鍋の焦げ落としに使用する場合には、重曹の方が熱湯に溶かした時に生まれる泡の量が多いため効果が高いです。
手荒れがしやすい人がセスキ炭酸ソーダを使用する時にはゴム手袋が必要になります。

 

セスキ炭酸ソーダを使用したお掃除法

  • 準備するもの
  • セスキ炭酸ソーダ(薬局で購入できます):小さじ1
  • 水:200ml
  • スプレー容器

作り方

スプレー容器に材料を入れ、よく振って溶かします

 

使い方

今回はヤカンの表についた茶色い汚れを落とします。
洗剤を使ったり力を入れてこすってもなかなか落ちない汚れです。
これは調理中に付着した油や調味料が高温でヤカンにこびりついているものです。

1. やかんにセスキ炭酸ソーダ水をスプレーします。

 

2.スポンジで擦った後、水で洗い流します。

 

3.やわらかい布で拭き上げたら完了です。

【注】*念のため指輪などの貴金属は外してからお手入れを行ってください。

 

いかがでしたか?

これまで諦めていた頑固な油汚れも、セスキ炭酸ソーダを使えばスッキリ、キレイ!
ガスコンロまわりや換気扇のお掃除にも大活躍します。ぜひ皆さんも試してみてください!