家の中の洗剤を見直しませんか

お掃除をラクに終わらせるには汚れに合った専用の洗剤を使うのが近道と思われがちです。
特にキッチンにはいろいろな汚れがあり、それぞれの使いかけの洗剤や洗剤ストックが収納を圧迫していませんか。

お掃除のプロはキッチンで何種類の洗剤を使っているのでしょう?
実はお掃除のプロは「マルチに使える洗剤」を1本だけ選んで使っているんです。

お掃除のプロ大津たまみ先生が、公私にわたって愛用し続けているマルチな洗剤と、徹底した使い方の“使い倒しのテクニック”を紹介します。

 

お掃除のプロが頼るのはエコ洗剤「天使の松」

業務でも私生活でも何十年、何万か所とお掃除をしてきた大津たまみ先生が、ずっとこだわって使っているのが、エコ洗剤の「天使の松」

米ぬか、ヤシ、松の油分を利用して作られており、洗い流しても環境に優しい、エコな洗剤です。
清掃業務で洗剤に触れる回数が多い大津先生が、洗浄力、環境への負荷、人体への影響を総合的に検証した結果、この洗剤に勝るものはなかったと採用しています。

※「天使の松」の成分は、界面活性剤(30%)、純石けん分(23%脂肪酸カリウム)、純石けん分以外の界面活性剤 (7%脂肪酸アルカノールアミド)、安定化剤 などです

 

汚れと場所に応じて2つの使い方

「天使の松」は希釈、水で薄めて使う洗剤で、原液では使いません。
希釈倍率は3倍と20倍の2種類です。

(左)3倍希釈の泡タイプ (右)20倍希釈のスプレータイプ

●油汚れなど落としにくい汚れには3倍に薄めて、専用の泡ボトルに入れて使います。
泡状にすることで汚れの上に洗剤が長くとどまり、汚れを包み込んでより汚れが落ちやすくなります。
食器やレンジフードなどの油汚れにおススメです。

●軽い汚れには20倍に薄めて、スプレーボトルに入れて使います。
汚れに直接スプレーを吹きつけた後、水拭きをします。
簡単に汚れを落とせますし、泡のように水で洗い流したり拭き取ったりする手間がないので、様々な場所に使えます。
床、壁、テーブル、トイレ、浴室などの掃除におススメです。
ドアノブや収納棚の取っ手、スイッチプレートなど、手が直接触る場所の汚れにも適しています。

どちらの場合も、使った後は必ず水拭きをして、乾拭きをして、洗剤が残らないようにします。

3倍と20倍の2種類に薄めておくだけで、家中のいろいろな汚れが「天使の松」1本でキレイに落とせます。
洗剤は1本、種類は2つ。まさに洗剤ストックからの解放です。

この2種類を使った、キッチンをピカピカにする使い倒しテクをご紹介します!

 

「天使の松」をキッチンで使い倒す

(1)食器を洗う

油汚れが多い食器やお鍋などは3倍希釈の泡タイプで洗います。
洗浄力が高いので洗剤を必要以上に継ぎ足さずに洗えます。
エコ洗剤は泡がゆるいものが多い中、「天使の松」の泡はもこもことして、汚れがしっかり落ちます。
この泡は水ですぐ洗い流せるので、すすぎの時間も水も節約できます。

 

(2)ふきんを洗う

食器用のふきんや台ふきんもそのまま「天使の松」の泡タイプで洗います。

「天使の松」は食中毒の原因となる大腸菌や黄色ブドウ球菌の除菌効果が高い*とされているので、ふきんを洗うのにも適しています。

※大腸菌・黄色ブドウ球菌に対する除菌効果
スポンジに対する台所用洗剤及び石けんの除菌活性試験方法により大腸菌と黄色ぶどう球菌に対し試験した結果、除菌の効果が認められました。(他のすべての菌に対するものではありません。)

 

(3)キッチン台(調理台)を拭く

調理中のさまざまな汚れが残る調理台には、20倍希釈のスプレータイプを使います。
水拭きだけでは心もとないキッチン台ですが、「天使の松」を使えば汚れをしっかり落とします。
スプレーをして濡れたふきんで汚れを拭き取った後は、もう一度水拭きをして最後に乾拭きをします。

 

(4)コンロまわりの壁を拭く

落としづらいコンロまわりの壁についた油ハネも、「天使の松」をスプレーしてから拭き取るとキレイに落ちます。
こちらも水拭き、乾拭きを徹底しましょう。

 

(5)冷蔵庫の中を拭く

食べ物が入る冷蔵庫の棚も、エコ洗剤なら安心して使えます。

汚れが気になるところにキッチンペーパーを置き、上からスプレーを吹き付けてしばらく置きます。
湿布状態にして、こびりついた汚れをゆるめて落とします。
ゆるんだ汚れをペーパーごと拭き取り、後はしっかり水拭きをして乾拭きをします。

 

リンナイ製のガスコンロもキレイになります

吹きこぼれや落ちた調味料が気になるガスコンロの天板。
リンナイ製のガスコンロなら「天使の松」でお手入れができます。

天板の上の少し硬い汚れには、泡を乗せてしばらく置いてから、丸めたラップで優しくこすって汚れを落とします。(ラップは使い終わったものの再利用でかまいません)
仕上げに泡をふき取り、水拭きをして乾拭きをすれば、コンロもピカピカになります。

このほかにも、ゴトクなどの部品、ガスオーブンの扉、スイッチ部分の拭きあげにもお使いいただけます。
ガス炊飯器の表面や部品も洗えます。

 

1本でキッチンのすみずみまでピカピカに

「天使の松」は蛇口まわりやシンクの掃除も得意です。
オイルを使用しているので、食器を洗った後にそのままシンクまわりも洗うとピカピカに光り輝くのだそう。「天使の松」でシンクを洗って、光らせて、片付けの仕上げにするのが大津先生流です。

キッチンでの使い方はこちらの記事にもまとめてありますので参考にしてください。

洗剤の選び方をプロに聞く。掃除のプロが10年以上愛用する「エコ洗剤」って?