シンプル&スッキリ!洋服収納のコツ

出典:写真AC

クローゼットの中のお洋服、「いつか着るかも…」とぎゅうぎゅうに詰め込んでいませんか?

放っておいても どんどん増えてしまう洋服たち。
すっきりとした収納をしたくても、「物がありすぎてできないわ!」そんな声が皆さんから聞こえてきそうですね。

今回は家事代行事業を手がけるアクションパワーの大津たまみ先生に教わって、収納のコツをお伝えします!

収納がうまくできれば、片付け、お掃除、モノの管理など家事全体がぐーんと楽になります。

 

①洋服を詰めすぎないこと

収納というと、いろいろなワザを駆使してたくさんの物たちを詰め込むイメージがありますが、一か所にたくさん詰め込むほど、取り出すのも、片付けるのも大変になってしまいます。余裕を持って収納することを心がけましょう。
服を詰め込みすぎると、型崩れの原因になります。クローゼットの服をギュッとよせて、半分くらい空きができる量が理想です。

 

②片付けが簡単なこと

物を使うときは探すことが苦になりませんが、それを片付けるとなると、後回しにしてしまいどんどん物が散らかっていってしまいます。自分だけでなく、家族や他の人が片付けるという目線で、モノの収納を考えましょう。
良く使う物は、取り出しやすく戻しやすい場所へ。
一目でわかるように、引き出しにラベルを貼ってあげるのも、とても効果がありますよ!


基本はタテ収納がおすすめ                       ベルトなどは立てて収納してみましょう

 

③適切な量を持つこと

モノを減らすコツは、収納する時に、「まだ着られるか、着られないか」ではなく 「今後着るか、着ないか」で判断することです。下記の目安を参考に、持っている洋服の量を一度チェックしてみて!

洋服は半年ごと(衣替えがチャンス)に、下着は1年に1回でジャッジ!
バッグ類は2年に1回 見直しをしましょう!

 

収納が家事をラクにしてくれる!

出典:写真AC

収納のコツを学んで持ち物をスッキリさせると、毎日の家事全体が本当にラクになります!
ぜひ皆さんも実践してみてください!