クローゼットの収納を見直したい!

出典:写真AC
クローゼットの中がなんとなくスッキリしない…
着たい服がすぐに取り出せない…
そんなお悩みをもっている方が多いですよね。

家事のプロへの片づけの依頼の中でもダントツに多いのがクローゼットの整理。
そこで今回は、お掃除と収納のプロである大津たまみ先生に整理のポイントを教わります。

ぜひ一度、手つかずのクローゼットの中を見直してみてください!

3ステップでスッキリなクローゼットへ

STEP1.中身を点検する

出典:写真AC
クローゼットの中には、色々なアイテムがたくさん詰まっています。洋服はもちろん、靴下や肌着、ベルトやアクセサリーにカバンと、形状、片付け方法、そして持っている数量も違う物たちがたくさんあります。

クローゼットがすぐにごちゃごちゃになってしまうというのは、こんなにたくさんのアイテムをしっかりと収納しようとするからなのです。

そこで、おすすめなのが以下の項目を意識して、クローゼットの中身をチェックすること!
では、早速見ていきましょう!

1.洋服

・期限の目安
1年以上着ていないものは、置かない。

・数の目安
合計80枚を目安に。

・アドバイス
懐かしかったり、高かったりして処分できないと思う物も、一度きちんと着てみて処分を考えましょう。

 

2.肌着・靴下

・期限の目安
半年以上着ていないものは、置かない。

・数の目安
1アイテム5枚を目安に。

・アドバイス
きれいでも、着心地が悪くて着られないものは、思い切って処分しましょう。

 

3.カバン

・期限の目安
2年以上使わなかったものは、置かない。

・数の目安
3〜5個を目安に。

・アドバイス
思い出として残しておきたい物だけ別の場所へ。
二度と持ち歩かないものは、処分しましょう。

 

4.ベルト

・期限の目安
1年以上使わなかったものは、置かない。

・数の目安
5本を目安に。

・アドバイス
今の服やセンスに合わない物は、思い切って処分しましょう。

 

5.アクセサリー

・期限の目安
今使っているもの以外は、置かない。

・数の目安
1アイテム3〜5個を目安に。

・アドバイス
使用頻度の少ない大切な品は別の場所に保管しましょう。

 

STEP2.空間を区切る


点検ができたら、次は計画をしていきます。
何をどこに置くか、しっかりと配置を決めましょう。
この時に、どのくらい入るかをしっかり考えるのがポイント。決めた場所に収まらないからといって、ギュウギュウに詰めるのだけはNG。

目安の収納量は8割です。
新しい洋服がラクラク入る量を目指しましょう。

STEP3.ブティック収納を目指す

出典:写真AC
最後にどんなふうに収納するかですが、実は一番のお手本はブティックの収納なのです。
洋服をきれいに見せるためのブティックの収納。まさに選びやすく、そしてしまいやすい収納のお手本です。ブティックの収納のポイントをしっかりと守っていくと、自然と美しい収納が完成しますよ。

【洋服をきれいに見せるお手本!ブティック収納の3つのポイント!】

をそろえる
高さをそろえる
たたみ方をそろえる(同じ大きさ・きれいな四角)

また、ベルトやカバンなども、ゆとりをもって収納してあるからこそ、きれいに見えます。
もちろん、使わなくなった物は、思い出の箱へ移してあげてくださいね。

クローゼットを見直して気持ちもスッキリ

出典:Unsplash
いかがでしたか?

クローゼットの収納法についてご紹介いたしました。
クローゼットの中は洋服やアクセサリー、カバンなど「捨てられない」「まだ着られるかも・・・」という迷うものがいっぱい。
気持ちの整理と一緒にこの機会にスッキリとさせてみましょう!