キッチン調理グッズを使いやすく収納したい

出典:写真AC
調理グッズは、いざ使いたい時になかなかさっと出てきてくれない・・・。
こんなお話をよく聞きます。

それは量と収納方法に問題があるのかもしれません。
今までの経験上、キッチン調理グッズの約70%は使われていません。

そこで今回は、お掃除と収納のプロである大津たまみ先生に教わったノウハウをお伝えします。

まずは”今”使っている調理グッズだけに絞って収納をしていきましょう!

3ステップでキッチン収納の達人に

STEP1.キッチンでの動線を考えて収納場所を決める

出典:写真AC
まずは、キッチンで調理中にどのように動いているのかを考えてみてください。
調理中の動きを簡単な図に書いてみると客観的に自分の動きが把握できます。
無駄な動きが発生しないように、動きに合わせて調理グッズを納める場所を決めましょう。

例えば、水を切るざるはどこで使っていますか??水回りで使っているのなら、シンクの近くに収納をしましょう。

動線に合わせて収納場所を決める

【調理台上】
収納するもの:調理台で使うもの
コーヒーメーカー・塩・こしょうなど

【調理台下】
収納するもの:調理台で使うもの
包丁・菜箸・スプーン・保存容器など

【コンロ下】
収納するもの:コンロで使うもの
フライパン・鍋・調味料・油など

【シンク下】
収納するもの:シンクで使うもの
ボウル・ザル・洗剤・ゴミ袋など

 

STEP2.使用頻度を考えて収納する

出典:写真AC

今お持ちの調理グッズをどれだけの頻度で使用しているのかを考えましょう。
毎日よく使うものもあれば、ほとんど使わないものもあるのではないでしょうか。

物の優先順位を決めてから収納作業を行うようにしましょう。
収納する順番は毎日よく使う物から順番に収納をしていくことがポイントです。

よく使うものから順番に収納していきましょう

STEP3.よく使うものはゼロアクション収納をする

出典:写真AC
毎日何度も使用する物はゼロアクションで取り出せる方法を考えましょう。
具体的な方法は、吊るしたり、かわいい容器に入れて見せる収納などです。
この時のワンポイントですが、調理グッズのアイテム又は色を統一してみてください。
収納をする量は収納場所(や容器)の総面積に対して60%までにするのがよいでしょう。
取り出しやすさがぐ~んとあがり、見た目がきれいになりますよ。

容器に入れて見せる収納と、調理グッズを吊るす収納

キッチンの収納上手はお料理上手

出典:写真AC
いかがでしたか?
キッチン調理グッズの収納方法についてご紹介いたしました。

調理グッズを取り出しやすくしておくと、料理が楽しくなります。
よく使うものはさっと取り出せて簡単に戻すことが出来る状態にしておきましょう!