洋服は「立てて収納」が基本!

ついついたまってしまう洋服。気がつくとタンスや収納BOXの中が満員電車なみにギューギュー状態。
せっかくたたんでも、どこに収納したのか分からなくなってしまう・・・。

そんなお悩みを解決するために、今回もお掃除のプロ・大津たまみ先生に教わって洋服のキレイなたたみ方をお伝えします。

まず、洋服は立てて収納することに徹底的にこだわりましょう!平置きにすると積み重なって、下にある衣類は見る回数が減っていきます。その結果・・・忘れてしまい着なくなってしまいます。

また、平置きすると下にある衣類は、上にある衣類を移動させないと取り出せません。それでは、欲しい衣類を瞬時に探し出せませんよね。靴下やシャツも寝かした状態での収納は厳禁ですよ!

Tシャツは「海軍式」 のたたみ方

移動が多い軍人さんが、リュクサックの中に効率良く衣類を収納していることから、有名になったたたみ方を「海軍式衣類のたたみ方」と言います。この方法でなんでも小さくたためてしまうので、ぜひチェックしてみてください!

【たたみ方の手順】

  1.  Tシャツの裾を手前に置き、裾を10cmほど外側に折ります。
  2.  左右を中央に向かって折ります。
  3. Tシャツを横に180度回転し、手前からクルクルと巻いていきます。
  4.   裾の折りを入れた部分を開いてTシャツを包み込みます。

▼詳しくはコチラの動画をご覧ください!

ダウンジャケットには「洗濯ネット」

ダウンジャケットを美しく収納するアイテムとして、洗濯ネットを使用しましょう! すぐに膨らんでしまうダウンジャケットは、圧縮袋に入れてしまうと、形が崩れてしまうこともあります。
そこで、ホコリよけにもなり、小さく収納することができる洗濯ネットがオススメです。

【たたみ方の手順】

  1.  中央に向かい折り込みます。この時に出来るだけ小さくたたむことを意識しましょう。
  2. 洗濯ネットに入れます。目の細かい洗濯ネットがオススメです。
  3. 洗濯ネットのチャックをしっかりと締めます。ホコリがが入らないようにしっかりとチャックをしておきましょう。

 

お気に入りの洋服がすぐに見つかる収納を!

出典:写真AC

収納スペースが余ってしまう場合はブックスタンドを使いましょう!ブックスタンドを洋服の間に入れて立てておくと倒れないので、洋服の形が崩れません。

他にも、紙袋を使ってタンスの中を細かくカテゴリ分けしておくと、更に見つけやすくなりますよ。いつでもお気に入りのものがすぐに見つかる!そんな美しくみえる収納を目指していきましょう !