使い勝手が良くなる!床下収納のヒント

出典:写真AC

キッチンの床下収納に何が入っているのか思い出せない…。
なんていう声をよく聞きます。
床下収納は、収納方法を少し工夫するだけで、使い勝手のいい場所に変えることができます。

今回はお掃除のプロ・大津たまみ先生に習って、キッチンの床下収納に役立つ情報を順番にご紹介していきます!

 

1:何を収納するのかを決める

長期保存が可能な物を入れておく場所として考えて収納するものを決めます。
また、キッチンの床下収納にはキッチンに関係するものだけにしましょう。

例えば、年に数回使うだけの調理器具・鍋・洗剤・調味料等を収納してみてはいかがですか?

 

2:湿気対策をする

床下収納の中は他の部屋に比べて湿気が多い場所です。

湿気対策は万全にしておきましょう。

湿気を吸う性質のある新聞紙を使えば手軽に湿気対策になります。
もちろん、除湿剤と一緒に保存するとより効果的です。

 

3:収納方法を工夫する

床下収納の中を四角いカゴや箱を利用して仕切りを作ります。
箱の側面が斜めのものだと、無駄なスペースができてしまうので、底面に対して垂直なものを選びます。
取り出しやすいようハンドルが付いているものを使うのがポイントです。
また、上から見て何が入っているのかわかるようにラベルをつけましょう。

 

ラベルやリストでわかりやすく!

出典:写真AC

いかがでしたか?

床下収納は頻繁には開けない場所。
開けたときにすぐわかるラベルをつけるのもコツです。
また、床下収納に保管したグッズのリストを作っておくとより便利になりますよ。

ぜひ試してみてください!