狭いのに物が多くなりがちな洗面所・・・

出典:写真AC

洗面所は、家族そしてお客様もよく使うパブリックスペースです。
狭い場所なのに、収納するものの種類は多く収納に困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
洗面所の収納力と物量のバランスを考えて、動線効率のよい収納をめざしましょう!

今回は、お掃除のプロ・大津たまみ先生に習って洗面所の収納方法についてお伝えします。

 

step1 洗面所の収納力を確認

出典:写真AC

洗面所の収納を行う際に初めに確認しておきたいことは、自分の家の洗面所に、どれだけの収納力(収納できる量)があるかです。

そして、よく使うものから順番に高さと動線を考えて収納していきましょう。

 

step2 収納したいものを4つに分類

次に、洗面所に収納したい物について以下の4分類に分けてみましょう。
よく使うものから順番に高さと動線を考えて収納していきます。

 

1.常に出しておく物

出典:写真AC

使用頻度の多い物は常に表に出しておきましょう。

  • 【例】
  • 手洗い用石鹸
  • 手拭きタオル
  • ティッシュペーパー

 

2.出しておいてよい物

出典:写真AC

洗面台の収納力によって出しておくか収納するかを決めましょう。

  • 【例】
  • 歯ブラシ
  • ひげそり
  • ドライヤー
  • 化粧品

 

3.鏡周りにしまう物

出典:写真AC

鏡周りで使用する小物をカテゴリーごとに分けて収納しましょう。

  • 【例】
  • ヘアケア用品
  • 髪留め・ピン
  • 綿棒・コットン
  • コロン・香水

 

4.洗面台下に収納する物

出典:写真AC

使用頻度の少ない物や表に出しておきたくない物を収納しましょう。

  • 【例】
  • 掃除道具
  • 洗濯用品
  • シャンプー・リンスのストック
  • タオル・バスマット

 

【スペースを区切って収納量&使いやすさアップ!】

スペースを区切ることで収納許容量も増え、さらに使いやすく整理することができますよ♪

 

まずは物量の把握から!

出典:写真AC

あれも、これもと詰め込みすぎるのは使いにくくなる最大の原因です。
収納スペースに見合った物量をきちんと把握した上で、突っ張り棒や、コの字ラックなどでスペースを区切ったり、壁面収納を上手に使うことで、”使用頻度の高い物を使いやすく”収納するよう心がけましょう!