いつも通りキレイに片づいたキッチン。
それなのに「なんとなく使いづらい」と思うことはないでしょうか。
原因の1つに、出しっぱなしの調理家電や便利グッズがあるようです。

掃除と片づけで10,000軒以上の家庭のキッチンを見てきた大津たまみ先生は断言します。

「ご家庭にある調理家電や便利グッズのうち、7割が実際には使われていませんでした!」

数回使ってあるならいい方で、中には封すら開いていないものも多数あったそうです。
みなさんも心当たりはありませんか?

「キッチンが使いづらいなと思ったら、まず、使っていないものはないか、特に“便利だから使うかも”、“近いうちまた使うかも”と思って出しっぱなしになっているものがないか確認してみてください。おそらくそれらがジャマをしていますよ」とのこと。

今回はキッチンを広くする便利調理家電・便利グッズとのつきあい方をご紹介します。

 

しまうべきか、出しておくべきか、それが問題だ。

 

まずは、キッチンの調理台や作業台の上にあるアイテムを見直してみましょう。
出しっぱなしになってホコリをかぶっている物はないでしょうか?

毎日使う炊飯器、電気ポット、コーヒーメーカー等はないと不便です。
でも、なんとなく置きっぱなしになっているものもあります。

最後に使った日を思い出せないジューサーやミキサー、片づけるのが面倒で出しっぱなしのホットプレート等はありませんか?
少なくとも1週間に1度も使っていないものはしまいましょう。

 

次も使いやすくなる調理家電・便利グッズの収納とは

箱がある物は箱の中へ

頻繁に使っていないアイテムは、もともと入っていた箱に戻しましょう。

この時に、付属品を含めて必ずすべてのパーツを元の箱に入れ、迷子のパーツを作らないようにしましょう。
購入時のようにきっちりと入れる必要はなく、とりあえず全部入った、というくらいで大丈夫です。

箱には外側に使い方や注意事項が書かれていることが多いので、大まかな取扱説明書代わりになります。また、基本的に四角いので収納する時に上に積んだりということができて便利です。
捨てずに取っておきましょう。

 

箱がない物には箱を用意

何年も使って箱がぼろぼろになってしまったものもあると思います。
そういう時は、頑丈な新しい箱を用意して、そこに取扱説明書を含めてすべてのパーツをしまうようにしましょう。
このとき、元の箱から写真や使い方、説明文等の部分を切り取って新しい箱の側面に貼っておくと、中身や使用方法がすぐに理解できて便利です。

 

収納場所にもひと工夫

次に使いやすくするためにはしまう場所も大切です。

しまうアイテムの中でも使う頻度が高いもの、軽い物はキッチンの棚に収めます。この時も箱に入っていた方が出し入れがラクです。
なるべく使う場所に近いところに収納場所を作ると収納がよりスムーズになります。

一方、大きめのものや重いもの、年に数回しか使わないものは納戸などの収納場所の下の段に収めます。

 

収納場所のNGがあります

空いているからといって頭より高い位置にある棚に入れるのはおススメできません
出し入れが大変な上に、入っていることを忘れる確率がかなり高いです。
頭より上の棚には軽いものや絶対に使う消耗品などを入れておくのがおススメです。

 

調理家電・便利グッズがたまってしまうあなたに

使っていないけれど捨てられない物について、大津先生はこうお話してくださいました。

「1年に1度も使わなかったものは今後も使わない可能性が高いです。使われずに忘れ去られている物もかわいそう。思い切ってリサイクルしたり、処分したりしましょう。
以前、お子さんと使ったかき氷機を“孫と使うから取っておくの”と大切にされていた方がいらっしゃったのですが、30年近く経ったかき氷機は果たして働いてくれるのでしょうか(苦笑)
そんなことも考えてみてくださいね。」