絡まったネックレス、キャッチがなくなったり、片方だけになってしまったピアスやイヤリング。
アクセサリーって、気付くと「どうして?」っていうくらいぐちゃぐちゃになっていませんか?

今回はお気に入りのアクセサリーを大切に、長く楽しく使うための収納方法を、3つのステップに分けてご紹介します。

 

Step1 「見せる」ものと「しまう」ものに分ける


最初に、持っているアクセサリーをすべて出して、普段使っているものと、普段は使わないけれど特別な時に使うものに分けましょう。
普段使うものの基準は1年に10回ほど使うかどうかです。
また、この時に絡まってしまったネックレスはほどき、もう使わない(使えない)アクセサリーは処分しましょう。

そして、普段使っているものは「見せるアクセサリー」として、普段使わないものは「しまうアクセサリー」として別々に収納します

 

Step2 見せるアクセサリーはかけて収納

次に普段使っているアクセサリーを「見せる収納」にしていきます。

使った後すぐ戻せるように定位置を作り、使った後にストレスなく元に戻せるようにします。徹底的に「元に戻す」を意識する収納にすると、失くしたりぐちゃぐちゃになったりがなくなります

中でもおススメなのが「引っかける収納」です。
100円ショップ等で手に入るワイヤーネットにS字フックをかけ、そこにネックレスやリング、時計等、普段使いのアクセサリーをすべてかけていきます。更に、これを壁にかけてインテリアの一部にすると、部屋の中にワクワクするコーナーができます。
目に入る機会が増えるので美しくしようという気持ちにもなり、一石二鳥です。

ただし、引っかけて良いのは、1フックにつき1アイテムまでです。2アイテム以上かけると絡まる原因になるので、ここはしっかり守りましょう。

また、かけるタイプの大ぶりのピアスはワイヤーに直接かけてしまえばOKです。

かけられない小ぶりのピアスは、ラックにカゴ等をつけてそこに入れていきます。
外したら必ずここに入れる習慣にして、紛失を防ぎましょう!

 

Step3 しまうアクセサリーはホコリや傷がつかないように収納

最後に、大切に使いたいアクセサリーやあまり頻繁に使わないものは引き出しやクローゼットの中にしまいます
買った時に入っていた箱や袋にひとつずつ入れ、ホコリや傷がつかないようにして保管しましょう。

袋や箱がない場合は、透明のジッパーバッグに入れましょう。中身が分かりやすくなります。
この時も、1袋に1アイテムを入れることを守ってください。
長いネックレスは止め具の部分だけ外に出しておくと中で絡まなくなりますよ。

 

収納のプロからのメッセージ

今回収納方法を教わった収納のプロ、大津たまみ先生は最後にこう言いました。

「高かったアクセサリー、お気に入りのアクセサリーをもったいないからとしまいこんでいませんか?
それではアクセサリーがかわいそうです。
せっかくのお気に入り、しまいこまずに思い切ってデイリー使いにしましょう。
お気に入りを身につけて、お出かけを楽んで、輝くステキな女性になって人生を楽しんでくださいね!」