毎日手にする調理道具。どんな基準で選んでますか?

使い勝手が良いだけでなく、その姿も美しい。そんな「いい道具」を使うと、調理時間が短縮されて料理がラクになるだけでなく、料理にまつわるストレスが減って、料理や暮らしを楽しめるようにもなります。

中でも日本の職人が手がける調理道具は、使い手のことを考えて造られたものが多く、質が良く長持ちするものが多いです。

今回は日々の暮らしを満たしてくれる「いい調理道具」を紹介します。

 

料理上手への近道はいい包丁選び

包丁を選ぶ基準はなんといっても切れ味のよさ。
料理の見栄えがよくなるだけでなく、調理時間の短縮、料理の味付けや食感にも影響します。

切りにくい食材の代表、鶏のもも肉。一度に美しく切ることができたら面倒な下ごしらえから解放されてラクになりますよね。
いい包丁を使うと、鶏肉に刃を当てて刃の重みを使ってスッと引くだけで、皮も肉も筋もきれいにスパッと切れます。ギコギコと皮や筋と格闘するストレスが減るのです。

 

伝統を受け継ぐ職人技が光る包丁

上:和 NAGOMI 丸シリーズ「ペティナイフ」 下:(同)「牛刀」

今回ご紹介するのは、鎌倉時代から刀鍛冶の町として栄え、今も世界的な刃物の町として知られる岐阜県関市の刃物メーカー「三星刃物」の包丁シリーズです。

三星刃物は創業明治6年。
近年は海外用の刃物を手がけ、多くのシェフから信頼される包丁を作ってきました。
そのノウハウを活かし、日本の家庭用の包丁シリーズ「和NAGOMI 丸シリーズ」が生まれました。
切れ味の良さに加え、ゆるやかに美しいカーブを持つ包丁です。

 

家庭にそろえたい2種類の包丁

家庭では、塊肉もしっかり切れる「牛刀」と、小回りがきく「ぺティナイフ」の2本が揃うと調理がしやすいといわれています。

「和NAGOMI 丸シリーズ」のこの2本も用途別に使い分けができ、使いやすいとスタッフの間で評判です。

料理人が好んで使う、長い刃が特徴の「牛刀」は丸ごとのキャベツもしっかり切れます。

断面の美しさはもはや芸術です。

一方、「ぺティナイフ」は使い勝手の良い小ぶりのサイズ。

ちょっと切りたい時にサッと使える手軽なサイズ感。
小回りがきくので形が複雑な食材も切りやすいです。

グチャッとなりがちなトマトも、のこぎりのように包丁を動かさなくてもスパッと切れます。

 

柄に宿る機能美

使いやすさを追及する「和NAGOMI 丸シリーズ」には、細部までこだわった美しさがあります。

特に柄は職人の細やかな手作業を重ねて磨き上げられ、なめらかな曲線を描きます。握ると手にフィットして握り心地も良く、しっかり握れるので余計な力を入れなくても野菜や肉をラクに切ることができるのです。

美しく早く切れる包丁は、調理中の「切る」を楽しみに変えてくれます。

 

毎日の”ちょっと手間“をなくした、溝のないすり鉢

続いてご紹介するのは「すりバチ」と「すりコギ」のセットです。

 

生活の道具作りにこだわって生まれた「すりバチ」

実はこの「すりバチ」、すり鉢には欠かせない溝がありません。

溝がないため、すったゴマは詰まらずにササっと移して料理に使えます。
これだけで調理時のストレスが減ります。しかも洗う時も断然ラクです。

こちらは三重県菰野町(こものちょう)にある萬古(ばんこ)焼きの窯元が作った「かもしか道具店」のシリーズのものです。

すり鉢から溝をなくすという発想は、焼物の色付けに使う釉薬をする乳鉢に溝がないことから生まれました。
硬いものでもすりやすいようにざらりとした性質の土を使い、すりやすい角度なども研究して成形。
内側に油分等のシミができないようにさび色の顔料を手描きで塗るなど、工夫がされています。

 

「すりバチ」に合わせて生まれた「すりコギ」

一緒に使う「すりコギ」にもこだわりが。

すりつぶしやすさを求めて太さを調整、すりバチに当たるカーブも緩やかになり、「すりバチ」ですりやすい専用の「すりコギ」となりました。

ほかにも、使いやすいすり鉢にするために土台にどっしりとした安定感をもたせて、力を入れてすれるようにしたり、鉢の中でごま和えにしてそのまま食卓に並べても違和感のないおしゃれな形にしたり。

使い手のことを考えて作られた道具は、これまでの調理中のストレスを軽減し、料理の喜びを与えてくれます。

 

職人技が実現した、熱さを感じにくいミトン

最後は、リンナイスタイルオリジナルの「グリルミトン」です。
断熱素材を含む4層構造で、高温で調理したてのものでもしっかり持てると評判です。

こちらは1点1点すべて職人の手作り。
古くから縫製業が盛んな和歌山県橋本市の工場で作られています。

ミトンは外側から帆布、断熱ウレタン、内綿、内生地と重なっています。
通常のミトンにはない断熱素材を挟み込むという工程は、ミシン職人の熟練の技術がないときっちりと縫いとめることができませんでした。
これを可能にし、1点1点丁寧な縫製で仕上げるのは職人のミシン技術の賜物です。

ミトンは当初、手のひら側にだけ断熱素材を入れていましたが、使い勝手を考えて両面に断熱素材を入れたものへと変更。更に、コンパクトなミニサイズのものも製作とオーダーが変化。

その追加オーダーにもやはり丁寧な製品作りで応えた、日本のミシン技術です。

 

まとめ

日頃使う頻度が高いアイテムはついつい手ごろな値段のものを選びがち。
でもそういった道具こそ愛着を持って長く使いたいという思いもあります。

一度視点を変えて、長く、気持ちよく使い続けられるものを選ぶと、毎日の暮らしが少しずつラクに、楽しくなっていくかもしれません。