キッチンをキレイにしたい…でも時間がない…そんなあなたへ!

出典:写真AC

「お掃除が嫌い・・・。」「忙しくてなかなかお掃除ができない・・・。」

そんなあなたでも「8分」なら楽しくお掃除してみようと思いませんか?

そこでお掃除のプロ大津たまみ先生教わった「8分」で簡単にできるお掃除テクをお届けします。

今回ご紹介するのは、お掃除が大変そうなキッチンのレンジフード。

一度にすべてをキレイにしなくても、まずは8分でできるお掃除をしておくことで、いざ大掃除をする時にラクにレンジフード掃除をすることができます。

 

①できればこまめにしたい!レンジフードの外側のお掃除

レンジフードの外側だけなら、お掃除はカンタン!いつものキッチン掃除に取り入れてみてください。

1.レンジフードについているのは油汚れ。アルカリ性の重曹を上手に使って汚れを落としましょう。

まずは、重曹水のスプレー(水10ml[r1] に重曹小さじ1を溶かしてスプレー容器にいれたもの)を吹きつけてしっかりと汚れを浮かして溶かします。

また、重曹水を作るときは、重曹を水でなくお湯(40℃〜45℃のお湯)で溶かすと更に汚れ落ちが良くなりますよ!

重曹水の作り方はこちらから

2.汚れが浮いてきたところをデニムなどの厚手の布きれで拭きとりましょう。

布きれで拭いてみて、簡単に汚れが落ちないようだったら、次に紹介するレンジフードの内側のお掃除に使っている湿布法を試してみてください。

3.布切れで水拭きをし、最後に乾いたマイクロファイバーで磨き上げます。

マイクロファイバーを使うとピカピカになって気持ちが良いですよ!

スッキリ!きれい!

 

②洗剤ペーストでしっかり汚れを落とそう!レンジフードの内側のお掃除

レンジフードの内側の汚れは、べったりとくっついてしまってなかなか落ちないですよね。洗剤ペーストと湿布法を上手に使って汚れを落としましょう。
慣れないと8分では難しいかもしれませんが、習慣にしてお掃除をしていけば大掃除はとってもカンタンに。
レンジフードもいつもピカピカになります!

1.まず、レンジフードの内側のオイルポケットや照明カバーなど外せる部品はすべて外します。

2.汚れに洗剤ペーストをしっかりとつけます。(写真は泡状洗剤を使用しています)
その際、下に垂れても大丈夫なよう、コンロの上部分などに新聞紙を敷いておくと安心ですよ。

<洗剤ペーストの作り方>
重曹50g、クエン酸13g、液体石鹸小さじ1/2、水小さじ1を混ぜてペースト状にします。

[注]
*レンジフード内部の塗装部分によっては「天使の松」、重曹などのアルカリ性洗剤により塗装がはげてしまう場所があります。予め目立たない場所で試すなど注意してご使用ください。

3. 洗剤の上からキッチンペーパーを当てて湿布をします。

また、溝の部分なども汚れが溜まりやすい場所です。
こちらにも洗剤をつけて湿布をしましょう。

4.汚れが緩んでいるのを確認してからキッチンペーパーをはがし、はがしたキッチンペーパーでそのまま汚れを取り除きましょう。

その後、布きれで水拭きと乾拭きをして完了です。

(なかなか汚れが落ちない場合は、布きれなどで、一度汚れをある程度取り去ってから、もう一度湿布をしてみましょう。)

スッキリ!きれい!

ちょこっとプラス!プロのワザ

レンジフードの下で大きな鍋やフライパンでお湯を沸かし、湿気を作ると、レンジが温まって、汚れが落ちやすくなります。

もちろん、掃除の時は鍋を除けて、ガス台などの予熱でヤケドをしないように注意してくださいね。