出典:写真AC

いただき物の石けん、特に浴用の固形石けんがたくさんあって使い道に困っている方はいらっしゃいませんか?
今回はそんな方に石けんを使ったお掃除方法のご紹介です。

掃除と収納のプロ、大津たまみ先生によると、体を洗う石けんは実は掃除用の洗剤としても大活躍するそう。

「水回りの掃除は手や体を洗うついでの“ついで掃除”が手軽です。そこに石けんを加えると最強にラクに汚れが落ちるようになるんです!」と大津先生。

掃除用の洗剤を買う回数も減ってエコで節約にもなります。
大津先生に眠っている固形石けんを使った掃除方法を教わりました。

 

その1 お風呂場のついで掃除

出典:写真AC

石けんを使う場所といえばお風呂場。

風呂場の汚れは壁や床等に散った石けんカスや水アカ、皮脂汚れ等です。これらは酸性の汚れ
石けんは弱アルカリ性なので、酸性のお風呂場の汚れを落とすのに適しています。

体を洗うついでにお風呂掃除もしてしまえば、お風呂掃除の手間が省けます。

 

掃除の方法はとっても簡単。

石けんで体を洗い終わったら、ついでにその泡を掃除用の使い古したボディタオルに移し、気になる場所を洗います。

風呂場を丸ごと洗う必要はなく、人の高さまでの壁、髪や体を洗う時に石けんやシャンプー剤などが飛んでいそうな場所を中心に洗いましょう。

泡を洗い流したら、最後に体を拭き終わったバスタオルをついでに使って壁や床の水気を拭き取って終了。

汚れも落ち、お風呂場もカラリとしてカビが発生しにくくなります。

 

その2 洗面台のついで掃除

続いて石けんがある場所といえば、洗面台。
洗面台で気になるのが、排水口周りのヌメリです。

ここは手を洗った時の石けんの泡をついでに排水口に置き、古歯ブラシでサササッとこすりましょう。ピカピカになります。

水アカがたまりやすいシンクのフチや蛇口周りもついでにぐるりと掃除するのもいいですね。

洗面台はコーティングをしてある場合が多いので、研磨剤の入った洗剤やスポンジを使うとコーティング剤がはがれてしまう恐れがあります。

素材を傷つけない石けんと歯ブラシでこまめに洗い、長くきれいに使える掃除をしましょう。

 

石けんを使う時のポイント

石けんを使った掃除で気をつけたいのは、泡の立て方です。

洗顔用の泡立てネット等を使ってモコモコのしっかりとした泡を作りましょう。よく泡立てることで汚れに密着し、より汚れを落としやすくなります。

また、使用後は必ず水で流したり水ぶきをしたりして、石けんをきれいに落としましょう。

 

その3 キッチンのついで掃除

意外なことに石けんはキッチンでも活躍します。

調理台に飛んだ油汚れ等、キッチン独特の汚れは酸性のものが多く、弱アルカリ性の石けんでもきれいに落とせるのです。

例えば、調理台についてしまった調味料のベトついた汚れ。
これを普通に拭き取ろうとすると汚れが広がるばかりでなかなか取れません。

食後の片づけの最後、石けんで手を洗うついでにキレイにしましょう。
まずは石けんをよく泡立て、できた泡を汚れの上に厚めに乗せます。

しばらく置いて泡と汚れがなじんだらキッチンペーパー等でしっかり拭き取ります。

最後に固めに絞ったふきんや、濡らしてからレンジで温めたホット雑巾で石けんが残らないようにしっかり吹き上げて終了です。

水回りの掃除と合わせて、ついでにぴかぴかのキッチンにしてしまいましょう。

 

まとめ

出典:Unsplash

いかがでしたか?

入浴と掃除の両方で使えるとなると、ストックされている石けんが急に使いやすく思えてきませんか?
香りのある石けんは芳香剤としてクローゼットに入れるなど、石けんの使用方法はさまざまです。

この際スミに追いやられている石けんを取り出して、体も家もピカピカにしてみましょう。