清潔な状態を保ちたいお風呂

出典:写真AC

1日の疲れを癒やし、心身ともにリラックスできる場所であるお風呂。毎日使う場所だからこそ、いつも清潔に保っておきたいですよね。

今回はお掃除の頻度に合わせて、簡単に「パパっと」できるお掃除と、念入りに「キチンと」お掃除する2つの方法をお掃除のプロ・大津たまみ先生に教わってご紹介していきます♪

 

8分コース:お風呂の「パパっと」掃除

おすすめ頻度:毎日〜3日に1度
(※お風呂の使用頻度により異なります。)

1:浴室全体に水またはお湯をかけましょう

汚れをふやかして簡単に落とせるように、浴室全体に水、またはお湯をかけましょう。

【POINT】
お湯の方が、より汚れを落としてくれますが、暑い季節は水でも大丈夫です♪

2:排水口はティッシュでお掃除

排水口にたまった髪の毛やゴミを取り除きましょう。ティッシュで取ると簡単に取れます。

3:洗剤は汚れがひどい部分だけでOK

気になる場所、汚れやすい場所(浴室の隅、給水口付近など)をスポンジでこすって汚れを落とします。
洗剤は汚れがひどい部分だけに使いましょう。

【POINT】
パパっと掃除を続けていれば、スポンジでこするだけでほとんどの汚れは落ちます!

4:カビ防止には乾燥させることが重要!

最後にお風呂の壁や床に残った水気をバスタオルでさっと拭きあげましょう。
この ひと手間で汚れやカビがグッと少なくなります。

【POINT】
拭きあげには、入浴後に体を拭いた洗濯前のバスタオルを利用しちゃいましょう!

お風呂に最後に入った家族がぱぱっと掃除

お風呂に最後に入った人がぱぱっと協力してくれると、清潔できれいなお風呂を保つことができます。
家族のお掃除ルールに是非とりいれてみてくださいね!

 

30分コース:お風呂の「キチンと」掃除

おすすめ頻度: 2週間~1か月に1度
(※お風呂の使用頻度により異なります。)

1:道具を用意しましょう!

  • 【準備するグッズ】
  • お風呂用洗剤(ここでは「天使の松」を使用)
  • 大きめのスポンジ
  • マイクロファイバー(または布きれ) 2枚
  • 酸素系漂白剤
  • 拭きあげ用タオル
  • ティッシュペーパー
  • キッチンペーパー
  • ゴム手袋

2:天井に潜むカビの素は拭きとる

浴室全体に水またはお湯をかけましょう。

時間に余裕がある日は、最初に天井部分や換気口部分、照明などをお掃除しましょう。特に天井は、汚れていないように見えてもカビの素があります。濡らしてしぼったマイクロファイバー(または布きれ)で拭いてください。

【POINT】
天井や換気口、照明など高い位置にある場所は、ホコリや汚れが飛び散るため一番最初にお掃除しましょう♪

3:排水口をきれいに

ティッシュペーパーで排水口にたまった髪の毛やゴミを取り除きましょう。

4:浴室全体を洗剤でお掃除

浴室全体にお風呂用洗剤をかけて、大きめのスポンジで浴室全体を洗っていきます。水洗金具や鏡なども一緒に洗っていきましょう。

【POINT】
浴室全体を1度にお掃除すると、とても時間がかかるため、箇所別に、こまめにお掃除すれば1回がラクになります。

5:お湯をかけて洗剤を洗い流します

浴室全体に水またはお湯をかけて洗い流しましょう。

6:汚れが気になる部分には酸素系漂白剤

汚れが残って気になる部分、またはカビが残っている部分があれば、酸素系漂白剤を溶かした水をキッチンペーパーに含ませ、細長くねじって「こより」を作り、その部分に貼りつけます。

しばらく放置した後、「こより」をはがし、お湯または水をかけてしっかり洗い流しましょう。

7:仕上げは、タオルで拭きあげれば完了!

大きめのタオルでお風呂の壁や床を拭きあげましょう。鏡や水洗金具などは乾いたマイクロファイバーで磨くと、プロの仕上がりとなります。

お風呂掃除の基本はスポンジと水で!

いかがでしたか?

あなたのお掃除の頻度と時間に合わせてやるべき事を整理すれば、お風呂掃除もきっと捗るはずです。

最後にもう一つポイントをお伝えすると、お風呂の汚れは、スポンジと水で落ちる汚れがほとんどです。お風呂用洗剤や酸素系漂白剤はポイントで最小限に使うようにして、こまめにお掃除することを心がけましょう。
カビは3日で生えてしまうので、3日に1度は「パパッと掃除」を意識してくださいね♪