お掃除の基本、知っていますか?

出典: 写真AC

お掃除のやり方は人それぞれ。昔はお母さんに教えてもらったり、おばちゃんに教えてもらったりしていたけど、今はワーキングマザーの増加や核家族化で教えてもらえる機会がぐ~んと減りました。
お掃除の基本を知らずに非効率なお掃除法で頑張ってもなかなかキレイになりません。そのうちに疲れちゃう…そんなことがないように今回はお掃除と収納のプロである大津たまみ先生に教わってお掃除の基本5ヶ条をお伝えしていきます!

 

その1:お掃除の動作は上から下へ!

 

お掃除をする際の基本中の基本の動作は上から下に掃いていく(拭いていく)こと。

机の上を拭いていて照明の汚れに気がついて照明を掃除するなんてことをしていたら、照明に付いたホコリが下に舞い降りてくるので、また机の上を拭かなくてはいけなくなります。

効率的に短時間でお掃除するためには、順番がとても大切。まずは、「上から下へ」を意識してお掃除の順番を計画しましょう。

 

その2:乾いた汚れは乾いたままで取り除く

これもお掃除の基本中の基本。でもいきなり濡れ拭き雑巾で掃除している人がたくさんいます。
乾いた汚れは濡らしてしまうことで汚れを取り除くのに時間がかかってしまいます。
乾いている汚れを見つけたら濡らさないで取り除く方法を考えてみましょう。

 

その3:きつい洗剤は下から上へ塗る

アルカリ性や酸性の洗剤を使用する時に、洗剤をスプレーで素材に直接吹きかけてしばらく放置しておくと、素材の色が脱色されてしまうことがあるので注意が必要です。

きつい洗剤を使用する時には、まずはスポンジに洗剤をつけてから手の動きは下から上へ動かすのがポイントです。

 

その4:面積に合わせた道具を使う

効率よくお掃除をするためには、汚れを落とす面積に合わせた道具を使用することも大切なポイント。
お風呂の壁のように広い面積を掃除する時には大きなスポンジを使用します。
また、トイレのように細かい箇所が多い場所には小回りのきくブラシを用意します。
汚れにきちんと届くように面積に合わせて道具は用意します。

 

その5:時間と温度を活用する

汚れを落とすメカニズムは「時間」「物理力」「温度」「洗剤濃度」の4つに分けることができます。
(ここで言う時間とは「つけ置く時間」です。)
ガンコな汚れはごしごしと力任せに落とすより、「時間」と「温度」を活用し、つけ置きをして汚れを緩ませたり、温度を40℃位にすることで汚れ落ちがぐ~んとよくなります。洗剤を温めてあげるのも効果的です。
例えばお掃除で大活躍の重曹水も温めてから使うと効果的です。

ホット重曹水の作り方はこちらから

頑固な汚れを落とす際は、「時間」と「温度」を意識してみてください。

 

裏ワザの前にまずは基本を大切に!

出典: 写真AC

プロ直伝のお掃除の基本はいかがでしたか?
意外と知らなかったポイントがあったのではないでしょうか。何を始めるにもやっぱり基本が大切です。裏ワザやテクニックも大切ですが、まずは基本を押さえて効率的なお掃除を始めましょう!